熱帯魚と言えば,まず思い浮かべるのが蝶のように舞うエンゼルフィッシュだろうか. 優雅な姿から,熱帯魚の女王とも呼ばれている. 以前であれば,30-40cm の水槽と,珊瑚を模した飾り物,循環ポンプ,ヒーターなどが定番だった.
20100701_熱帯魚_水槽_飼育_01020100701_熱帯魚_水槽_飼育_020
さらに最近は,アクアリウムといって 60-90cm の水槽,水草と光合成のための照明装置,水槽の水質を保つための濾過器,がセットにしたものが多数販売されている. 価格も手ごろで,飼育も容易な小型魚ネオンテトラ,ブラックネオンテトラ,エンペラーテトラなどが人気が高い.
▼船橋市西船5丁目のサンペット. ▼入りにくい店だが,都内よりも価格は安い.
20100503_船橋市西船5_サンペット_ナマズ_1554_DSC0540120100503_船橋市西船5_サンペット_ナマズ_1554_DSC05400T
船橋市西船5丁目サンペットの看板に「東京電力感電注意」という看板が...
20100503_船橋市西船5_サンペット_ナマズ_1554_DSC05397t
感電注意」とは,電気ナマズのことだったのだ. 強力な電気を起こすウナギ(最高電圧800V)ほどではないが,ナマズ(最高電圧350V)も電気を起こせる品種がいる.
20100503_船橋市西船5_サンペット_ナマズ_1554_DSC0539520100503_船橋市西船5_サンペット_ナマズ_1554_DSC05397
オトシンクルス系のナマズなどは,コケ(藻類)を主食とする. おとなしい性格で熱帯魚と一緒に飼育できる. アクアリウムの世界では,底にある餌や水槽のコケを食べるため,掃除屋として珍重される.
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2010年06月17日)街で見つけた変なもの@京成船橋競馬場駅の広告編(302)
(2010年05月08日)街で見つけた変なもの@JR新宿駅の縄編(301)
(2010年05月05日)街で見つけた変なもの@船橋市本町スクランブル交差点の落し物編(300)
(2010年05月02日)街で見つけた変なもの@土産物屋の食品サンプル編(299)
(2010年04月25日)街で見つけた変なもの@東京ジョイポリスのポスター編(298)
(2010年02月27日)街で見つけた変なもの@JR東日本の電車広告編(297)
(2010年02月06日)街で見つけた変なもの@JR東京駅のコインロッカー編(296)
(2010年01月19日)街で見つけた変なもの@日本一高いジュース編(295)
(2010年01月17日)街で見つけた変なもの@東京駅の釜めし編(294)