もうすぐ,大晦日(おおみそか)だ. そして,2011年のお正月を迎える. この正月日の出をまたずに,初詣に行く人も多い. これらの人々のためにと,JR東日本や京成電鉄を始めとした私鉄各社は,夜間も電車を走らせる.
20101220_年末年始の特別運行_年末年始ダイヤ_2300_DSC0768120101220_年末年始の特別運行_年末年始ダイヤ_2300_DSC07680
だが,すべての路線で電車が走っているわけではないので,注意が必要だ.
20101228_年末年始の特別運行_年末年始ダイヤ_0750_DSC08462E20101228_年末年始の特別運行_年末年始ダイヤ_0749_DSC08456E
たとえば,JR南船橋から中山法華経寺の最寄り駅であるJR下総中山駅へ行く場合,いったんJR市川塩浜駅まで行き,そこから折り返してJR西船橋駅までいかなければならない. 一般的には,JR の運賃体系は,距離に応じた従量運賃となっている.
20101228_年末年始の特別運行_年末年始ダイヤ_二俣新町のデルタ_01220101228_年末年始の特別運行_年末年始ダイヤ_0750_DSC08459
では,JR市川塩浜駅まで行き,そこから折り返してJR西船橋駅までいき戻ってくるような運賃はどうなるのだろうか. 距離に応じた従量運賃であれば,当然いつもより高くなるハズだ. だが,船橋デルタ線(三角線)といって,JR市川塩浜駅<=>JR西船橋駅<=>JR南船橋駅間は京葉線の一部とみなし,どの経路を使っても料金は変わらない特別な区間なのだ.
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2010年12月28日)お正月2011@東京都東京駅八重洲口の高速バス編(3)
(2010年12月28日)お正月2011@船橋駅北口の露店編(2)
(2010年12月28日)お正月2011@ビックカメラ有楽町店のカレンダー配布編(1)